便秘は不妊治療の大敵!直腸性便秘については、直腸内に便が停滞している便秘のことです。大腸そのものには異常が無く、肛門の近くの部分に異常が発生することで排便がしにくくなってしまいます。日常的に便意を我慢することが引き金となって起こります。通常、便が直腸に到達すると排便反射が起こりますが、連日排便を我慢し続けていると、このセンサーの働きが弱体化し便意を感じること自体が難しくなってしまいます。排便時に強い痛みがある、異常に硬くて太い便が出る等の際立った特徴が見られます。便秘は通常女性に多く、妊娠すると更に便秘の症状が出やすくなります。妊娠が元で肥大化した妊娠子宮が腸管に圧力を及ぼす、それだけでなく普段と比べ、あからさまに高い数値の黄体ホルモンが関与することで起こる腸管のぜん動運動の衰退等がそうした便秘の要因とされます。治療法は妊娠していない時と同じであり、生活習慣を整え直すことになります。通常であれば排便は毎日あるものです。 ですが、3日中1日でも形状や色合い・排出量が、 通常と変わりなければそれは便秘とは言いません。 反対に、毎日あろうが少量・固い等の 変化が見られる場合便秘となります。 なら、慢性便秘とは いかなるものなのでしょうか? 表立った定義は存在しませんが、 週の排便が2回以下でそれが3か月を超えて続く状態を 一般的に「慢性便秘」と言うようです。女性は男性に比べて筋肉量が少なく、排便時力が及び辛いので、腹筋を強化するために運動を取り入れましょう。ウォーキングならば、下腹部に力を集中させて歩けば、腸にシグナルが送られて、ぜん動運動が促進されます。深呼吸しながらの軽いストレッチも効果的です。背中からわき腹に掛けて伸ばす部類のストレッチや体側を伸ばすストレッチは、自律神経を整える効力が見込めます。便秘の症状が出ると悪玉菌が体内で増えて腸内環境が劣悪になります。加えて、繁殖した悪玉菌が有毒ガスを発生させるため、状況によっては発熱を引き起こされたりもします。このような症状は免疫力が落ちている時に出始めるため、大人よりも免疫力が弱い子供に見られがちです。大人は子供より免疫力に優れているので、あまりみられない症状ではありますが、疲れきっている時やストレス・風邪等などが元となり肉体・精神の両方で消耗しているときは注意が必要です。下剤依存症にも段階があり、「下剤なしだと便意を感じにくくなった」程度の軽度依存の場合は、食事内容や生活習慣を正すことで改善する可能性があります。第一に、低下している腸の機能を取り戻すために、日に3度、規則的に食事を取るところから開始しましょう。1日の中で朝は最も便意が発生しやすいことから、朝食を抜くことは厳禁です。便のもとを確立するために、なるべく多く食べることが大切です。食物繊維が不足すると、便が固定化できず腸に居座り、便秘を引き起こす原因になります。その逆で、食物繊維を摂取し過ぎると硬めのコロコロ便になってしまうので、水分も忘れずに多目の量を取り入れるようにしましょう。尚且つ、日々の生活に運動を取り入れ、腸のぜん動運動がスムーズに成される体質に変えていくことも大切です。たかが便秘と気にも留めない方が大半なのでしょうが、便秘をそのまま放置しておくのは宜しくありません。便秘を治さずにほったらかしにしておくと、肌荒れや食欲不振など、体に次々と悪影響が出始めます。便秘薬等の薬を服用することで少しは症状が治まりますが、根本的に解決するには、毎日のケアが必要不可欠です。全身運動(歩行など)と類似の働きが期待でき、腸が便を押し出すぜん動運動もマッサージにより機能的になります。便秘で悩まないようにするために、日常からしっかりマッサージを行いましょう。便秘対策を行う上で、今流行りなのが「落下腸マッサージ」になります。テレビでその詳細が取り上げられたことで、興味を持つ人が増えたのです。便秘は多くの人々が悩まされている症状ですから、テレビ番組でも便秘を解消するための特集は度々目にします。一方で、ここ数年の内に便秘の誘因として認識されるようになったのが、落下腸になります。便秘に作用するツボは、手や足以外にも多くの場所に散りばめられています。しかし、便秘解消の効果を期待したいのであれば、患部に近い箇所に存在するお腹のツボを押さないといけません。お腹には、整腸に働くツボが結構あります。尚且つ、お腹のつぼはツボ押しとしての効果以外に、腸に刺激を与えるマッサージとしてのストレートな効果も望めます。目が覚めた直後や用を足す際に腹部のツボを押すのがオススメです。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>不妊治療