月別: 12月 2017

土用の丑の日じゃなくてもウナギ蒲焼きが食べたいんです

ウナギを食べる風習については諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が考えだし立という説が有力です。話によると、商売が下がりっぱなしの鰻屋が、夏の痩せた鰻を何とか販売するため源内に相談した。「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを平賀源内は勧めた。すると、その鰻屋は大繁盛しました。それ以後、街の鰻屋もそれを真似して、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着し立という。うなぎはウナギ科ウナギ属の魚類の総称です。うなぎといえば蒲焼きなど日本人の食文化と古くから深く関わり合いを持つ魚と考えられがちですが、本当のところは世界中の熱帯から温帯にかけて広く分布する魚で、その種類も18種類以上にのぼります。日本には、二ホンウナギとオオウナギの2種類が生息しています。このうち一般に料理に使用するのが二ホンウナギ。一方、オオウナギはその名前が示す通り、全長2m、体重20kgにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島で食用にされています。今日まで、有名うなぎ店を初め、デパート、スーパー、通販と、多様なうなぎを食べてきました。 脂身が少ないパサパサの安いうなぎを食べて、とても悲しくなりました。そんな中、通販で鰻を取り寄せするなら、味、はやさとも「うなぎ専門店」がベストだと思ってます。うなぎ通販専門店の美食市さんは、旨い上に、完成度と安全性が群を抜いています。幾ら値段が低価格でも、食べられない鰻では、かえってお金がもったいないですからね。「旨さ」とは、時といっしょに変化するものです。最近では、スーパーに台湾産でいっぱいになり、若年層では台湾産のウナギの食味に順応しています。沿うした人達の中には、元来の「炭焼きウナギ」を召し上がったことがないと言う人が多いと感じます。大変なことになります。本当の鰻の美味しさがわかる人が少なくなり、鰻の味の標準は「台湾産の鰻蒲焼」になりつつあると言う事です。大げさな言い方だが、これは「日本の食文化の非常事態」だと想定されます。美味なうなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様がたくさんいる、口コミが多い鰻屋を選ぶことが大事です。うなぎの蒲焼きのう旨味を増すものにタレがある。しかも鰻のエキスがたっぷり溶け込んだタレほど、うまさを高めます。また、蒲焼は出来立てを食べることが肝要である。冷えるとまずいものです。そこで、長い経験から出来た工夫で、うなぎの蒲焼きを入れるお重を湯で温めて出す地方もある。高級うなぎだけを取りあつかう有名通販サイトは、選び抜いた特別な仕入先を持っています。また、自ら養殖から販売を取り仕切ることによって、うなぎの仕上がりだけでなく、タレと焼きに万全の自信を持っているショップが少なくありません。ハイクオリティなウナギを確保・供給ができて、価格的にも変わらないうなぎ通販ショップは安心・安全で、さらに上質な愛知県産ウナギを、いつでも自宅で最安値に食べられるので、うれしい限りです
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒うなぎ通販ランキング

血清クレアチニン値を元にあなたの腎臓の働きをチェック!

人間の食事における3大栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)に糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)・たんぱく質・脂質が存在します。体内で燃焼し尽くせば糖質(白米、パン、麺類、イモ類、砂糖や蜂蜜、果物などに多く含まれています)とたんぱく質は水と二酸化炭素へと移り変わるので、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で言えば30~40gに相当します。徹底した食事療法を手掛ければ腎臓病に罹っていても、体内に邪魔な老廃物や毒素がたまらなくなります。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、腎臓病の悪化を極力抑える事ができるのです。沿うとう上手くいった場合、腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせられるようになります。食事療法は自分には厳しいのではないかと考える方がいますが、決してそのような事はありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多くふくまれており、食べ過ぎてしまう食品でもあるので注意が必要になります。甘い味付けの食べ物には思ったよりたんぱく質が多くふくまれています。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例としては、ショートケーキ単品だったとしても卵1個と同量くらいのたんぱく質が内包されています。浮腫が目立ったり尿量があまりにも少ない場合は、塩分だけでなく水分の制限も重要となります。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体がもつ全ての水分と考えます。浮腫そのものが無い或いはそこまで酷くない場合制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量等総合的に踏まえて医師が適切な数値を出します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますのできちんと医師の診察の元制限を施すようにしましょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、その種類や調理するときの形状・水量・所要時間により相違します。数値で示す場合、ほうれん草等の葉物野菜が45%、いんげんなどの豆類で約30%除去できます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。腎臓病の食事療法の目的は、腎臓病を極力進行指せない事と、健康状態の維持になります。人工透析が必要無い保存期の間は、食事療法を基に腎不全の進行をスローペースにし、結果として人工透析の導入時期を遅らせられます。この他、人工透析を要する状況となっても、できる限り健康体で人工透析をするために、食事療法は非常に重要な治療法です。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末他の老廃物共々、尿中に排出されます。クレアチニンの量は、統合的な筋肉や運動量に関わります。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉量が落ちてくると、当然クレアチニンの数値も下がります。この他に、女性の場合妊娠時に、尿から排出するクレアチニン量が増加するので、クレアチニン値が低くなります。腎臓病の人のためにたんぱく質の少な目な特殊食品が売られています。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理をおこなえます。腎臓機能が悪化すれば、現状以上に細かに食事を管理しないとならない状況に陥ります。この他、糖尿病がある方でしたら血糖値を上げないために、エネルギー制限も追加されるのです。自分で勝手に食事内容を決めずに、きちんとした知識をもつ医師や栄養士を頼るように心掛けましょう。腎臓病を患うと糸球体が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、不要な水分やナトリウムが体内に蓄積しやすくなってしまうでしょう。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、増加する事態になります。結果として、血液中の窒素量が多くなり、尿毒症の誘因になったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く惧れがあります。なのできちんと食事療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して基準量常にキープする事が入り用なのです。食事で摂取し立たんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を正常に保つために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。とはいっても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)であるため、不足しないように補給する必要があります。
続きはこちら⇒クレアチニン