慢性腎臓病の場合、腎機能が元の状態に回復することはほどんどないため、機能の一つであるカリウムの排泄能力が衰退していくことが多く、カリウムの摂取と排泄のバランスを維持するために、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、加工していない生の野菜や果物よりも多量のカリウムが含まれています。その影響で、腎機能が低下している患者さんが、普段からよく野菜ジュースを飲んでいると、さらに高カリウム血症の症状が顕れる惧れがあります。。腎臓の機能に病的なサインが顕れた場合は、回復の見込みが少なく慢性腎不全に進行する確率が高くなります。進行の回避には早期治療の開始が望まれ、近年の医療技術がそれを実現し、腎臓の機能低下の抑制に努めたり、遅延も見込めます。もし、末期の腎不全になっ立としても、腎代替療法といわれる透析療法や移植などのほかいくつもの選択肢が用意してあるので、患者自身のQOL(生活の質)に合った最新の治療が期待できます。一般に腎臓病といわれるものには先天的なものに起因する腎炎であったり、またはDNAが原因ではない外的要因のものまで多岐にわたりますが、健康診断を習慣化し、治療と症状を悪化指せない生活を心がけることでいつ持と変わらない健やかな生活を送ることができてます。ただし、腎臓病の種類によっては進行に気づかず無自覚なものもあるために、病気を未然に防ぐには自己管理も必要です。場合によっては尿に病気のサインが出るので、医療機関を受診しましょう。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、ご飯のメニューはどのようにしたらよいか、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。低たんぱくご飯療法ですと、治療用特殊食品の使用が不可欠ですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。24時間内の大小便を検査し、摂取量を割り出します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、たんぱく質や食塩の摂取量を把握します。腎臓の負担を軽くするためには、食塩制限が必要です。食塩摂取量は1日6g未満が適切とされています。市販で見かける加工品や塩蔵品をさけて、生の食品選びを心がけましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をおすすめします。食材の味を楽し向ことができてます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多く含まれます。たんぱく質を含んだこれらの食品の他に、たんぱく質制限が必要な方に向けた市販でも購入できる「低たんぱく質食品」があります。管理栄養士に相談した上で、適切に使ってみてください。CKD治療の柱は薬物治療とご飯療法になり、CKDの進行を食い止めるためにもこれらの管理を果敢に行うことが大切です。ご飯療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、高血圧治療を容易にするには減塩食がふさわしく、かたや蛋白制限食においては腎機能の抑制効果が認知されています。CKDステージ3においては減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日が似つかわしいとされていますが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、大抵は蛋白制限食を美味しく感じない、その他にもカロリーが不足するなどで、実施困難な方を多く見受けます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になります。標準体重が60 Kg前後程度だとすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となります。食品における蛋白含有量を知りたければ食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。ご飯療法については、栄養士に教えて貰いながらいろいろと工夫してやっていけます。もし開業医さんでご飯指導まで行き届かない場合は、腎臓内科を併設した病院を紹介してもらって、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思います。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓と言うのは背中に2つありそこで尿をつくり体内で不要になった老廃物を体外へ排出する役割があり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に偏らないようにしたり、血圧の調整や赤血球の生成にも関わり、私立ちの体内でたいへん重要な機能を成しています。腎臓の治療は持ちろん病院にきてそれに応じた治療を受けることが望ましいですが、普段から、規則正しいご飯や生活を送ることが必須です。腎臓の形はというとソラマメに似ていてちょうど腰の辺りに左右1個ずつあります。さて、この腎臓には糸球体というごく小さな血管があまた密集している場所でもあります。この腎臓の主な働きはというと、たんぱく質の代謝によって生じた血液中の老廃物や毒素を尿中に排泄します。その他、体内に含まれる電解質の濃度を一定に保つ、または、赤血球を造るホルモンや血圧のバランスをキープしたり、骨の代謝に関連したホルモンを形成するなどたいへん重要な役目を司っています。腎臓病が進行して腎臓の働きが弱くなると腎不全といわれる状態になります。その腎不全には、急性に属する急性腎不全と、数か月から数十年の長い年月をかけてじわじわと肝臓を悪くする慢性腎不全があります。急性腎不全では、適切な治療を行って容体が悪くなった原因を理解・解決することによって、腎臓の機能回復が期待できます。一方、慢性腎不全では腎不全の進行に伴って徐々に腎臓の機能が損なわれ、回復の見込みはありません。購入はこちら⇒腎臓病食 献立