ウナギを食べる風習については諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が考えだし立という説が有力です。話によると、商売が下がりっぱなしの鰻屋が、夏の痩せた鰻を何とか販売するため源内に相談した。「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを平賀源内は勧めた。すると、その鰻屋は大繁盛しました。それ以後、街の鰻屋もそれを真似して、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着し立という。うなぎはウナギ科ウナギ属の魚類の総称です。うなぎといえば蒲焼きなど日本人の食文化と古くから深く関わり合いを持つ魚と考えられがちですが、本当のところは世界中の熱帯から温帯にかけて広く分布する魚で、その種類も18種類以上にのぼります。日本には、二ホンウナギとオオウナギの2種類が生息しています。このうち一般に料理に使用するのが二ホンウナギ。一方、オオウナギはその名前が示す通り、全長2m、体重20kgにおよぶ大型のうなぎで九州や西南諸島で食用にされています。今日まで、有名うなぎ店を初め、デパート、スーパー、通販と、多様なうなぎを食べてきました。 脂身が少ないパサパサの安いうなぎを食べて、とても悲しくなりました。そんな中、通販で鰻を取り寄せするなら、味、はやさとも「うなぎ専門店」がベストだと思ってます。うなぎ通販専門店の美食市さんは、旨い上に、完成度と安全性が群を抜いています。幾ら値段が低価格でも、食べられない鰻では、かえってお金がもったいないですからね。「旨さ」とは、時といっしょに変化するものです。最近では、スーパーに台湾産でいっぱいになり、若年層では台湾産のウナギの食味に順応しています。沿うした人達の中には、元来の「炭焼きウナギ」を召し上がったことがないと言う人が多いと感じます。大変なことになります。本当の鰻の美味しさがわかる人が少なくなり、鰻の味の標準は「台湾産の鰻蒲焼」になりつつあると言う事です。大げさな言い方だが、これは「日本の食文化の非常事態」だと想定されます。美味なうなぎの蒲焼きの食べかたは、お客様がたくさんいる、口コミが多い鰻屋を選ぶことが大事です。うなぎの蒲焼きのう旨味を増すものにタレがある。しかも鰻のエキスがたっぷり溶け込んだタレほど、うまさを高めます。また、蒲焼は出来立てを食べることが肝要である。冷えるとまずいものです。そこで、長い経験から出来た工夫で、うなぎの蒲焼きを入れるお重を湯で温めて出す地方もある。高級うなぎだけを取りあつかう有名通販サイトは、選び抜いた特別な仕入先を持っています。また、自ら養殖から販売を取り仕切ることによって、うなぎの仕上がりだけでなく、タレと焼きに万全の自信を持っているショップが少なくありません。ハイクオリティなウナギを確保・供給ができて、価格的にも変わらないうなぎ通販ショップは安心・安全で、さらに上質な愛知県産ウナギを、いつでも自宅で最安値に食べられるので、うれしい限りです
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒うなぎ通販ランキング